ボーイのステップアップの順番と期間

単なるお小遣い稼ぎでキャバクラのボーイとして働くのであれば、出世などにはあまり興味はないのかもしれません。
でも、わざわざこの世界に飛び込むわけですから、やっぱり狙うは幹部社員ですよね。

お店ごとに、役職やその分類は異なります。
どこからを「幹部」と表現するのかもお店ごとに違いが出てくるでしょう。
多くのキャバクラ店では、新人さんが担うホールやウエイターと呼ばれる仕事があって、未経験者は特にここからスタートせざるを得ません。

ただ、キャバクラのボーイの出世は意外と早く、数ヶ月後には何かしらの役職がもらえることが多くなっています。
それが幹部補佐という役割なのか、それともマネージャーという役職なのかは、これのお店によって異なってきますが、ステップアップは一般企業などと比べると早めである点は大きな魅力と言えるでしょう。

マネージャーの上にチーフマネージャーが用意されているお店もあり、その先にあるのが店舗責任者や店長などと呼ばれる役職。
ここまでくれば当然幹部社員として働くことになります。
ここまで、早い人で1年。
能力があれば、半年程度で上り詰める人もいるでしょう。

役職がアップするごとに収入もアップ!

ステップアップして役職が上がることで、大きな権限を持つことができるようになります。
自分の思いや考えをお店の運営に反映させることができ、自らの持っている能力を存分に発揮しながらお店を回していけるのです。

幹部社員にもなると、もちろんお給料もしっかりとアップしていきます。
役職が上がるごとに収入が増えていけば、それだけでもモチベーションになりますよね。
具体的な給与額は、これもお店によってだいぶ異なってきますが、チーフマネージャーあたりになると働き始めと比べて倍程度の収入が得られることも夢ではありません。

半年から1年程度で収入が倍になるなんて、やはり一般企業では考えられないほどのスピード感。
単なるお小遣い稼ぎのつもりでキャバクラのボーイとして働き出した男性でも、もしかしたらいつの間にか幹部社員となり、同年代の男性では到底稼ぐことができないようなお給料を手にすることも現実的にあるのです。

キャバクラのボーイは下っ端でいつまでも働き続けるというイメージを強く持っている人が多いかもしれませんが、決してそんなことはありません。
むしろステップアップも収入アップも他の職種と比べ物にならないほど早い。
この現実を知れば、この仕事にもっと興味が湧き、魅力を感じてもらえるのではないでしょうか。