ボーイはキャストにモテるのかを考える

絶対とは言いませんが、キャバクラのボーイとして働こうと考えている男性は、キャバクラで働いている女の子に少なからず興味があるのではないでしょうか。
こういう世界の女の子に全く興味がなければわざわざ「キャバクラで働こう!」とは思わないはず。

もしかしたら、ボーイになればキャストの女の子にチヤホヤされたり遊んだりできるかもしれない、と期待している男性もいるかもしれません。

キャバクラのボーイはキャストにモテるのか、これはとても気になるところですが、「モテる人もいるしモテない人もいる」と答えるしかないでしょう。

毎日のように一緒にいれば、仲良くなることもあるはず。
ただ、基本的にはキャストの女の子はボーイの男性のことを下に見ています。
ひどいキャバクラ嬢になると、ボーイをバカにしパシリとしてこき使い、まるで召使いのような態度を取る、そんな女の子もいるんです。

なので、過剰な期待をすることはおすすめはしませんが、ある程度の立場になるとボーイはキャストの女の子の相談に乗ったりなどすることもあるため、そうなれば女の子に「頼りになる」と思われることになり、結果、モテることにもなるかもしれません。

仕事ができる男性に女性が惹かれるのは、どの世界でも一緒。
ボーイはキャストにモテるのかと聞かれたら、「仕事ができるボーイはモテる」という答えになるのかもしれません。

ボーイはキャストとお付き合いができるのか

あわよくばキャストの女の子とお付き合いしたいと考える男性もいるでしょう。
それが目的でボーイの仕事に興味を持つ人がいるかどうかはわかりませんが、お客様からたくさん指名される女の子とお付き合いをして独り占めできると考えれば、確かにそこにもキャバクラのボーイの仕事を始める魅力があると感じてしまうのかもしれません。

ただ、ほとんどのお店では、ボーイとキャストの女の子の恋愛はNGとされています。
隠れて交際しているという話もしばしば聞かれますが、バレればアウト、ボーイはクビになってしまうでしょう。

どんなにキャストの女の子に言い寄られてお付き合いをスタートさせたとしても、バレればクビを切られるのはボーイの方。
それが多くのキャバクラ店でのルール。

ボーイの仕事をする以上、店内恋愛はNGであると心得ておかなければいけません。
もしキャストの女の子と良い関係になりたいのであれば、お客様として来店した方が手っ取り早い。

キャバクラのボーイはあくまでも仕事であると考え、どんなに誘惑されても、どんなに好きになってしまっても、恋愛をすることは避けなければならない、そう認識しておくべきなのです。